「ZEH普及率目標」

馬場住宅では2025年に向けて、

受注棟数の60%をZEH仕様の家にする目標で

取り組みを進めてまいります。(新築・既存改修含む)

「ZEHの周知・普及活動」

ホームページや見学会などのイベント毎での呼びかけを中心とする。

「ZEHのコストダウンに向けた具体策」

商品制定の絞り込みと標準化でコストの安定化を図っていく。

「その他の取り組みなど」

普及活動同様に、一社の単体で活動するのではなく、

メーカー、販売店などの協力業社と一緒になってチームで取り組んでいく。

「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)とは」

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、

室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、

再生可能エネルギーを導入することにより、

年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅

具体的には、

①強化外皮性能基準が一定以上であること。(屋根または天井、外壁等の断熱性の向上)

②基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減

(①に加え、高効率の設備システムの導入により一般的なエネルギー消費量を20%削減する)

③再生可能エネルギーを導入(容量不問)(太陽光発電設備等の導入) 

④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

「日本の住宅の省エネ化に向けた取り組み」

政府目標は、「2020年までに、標準的な新築住宅で、ZEHを実現」

「2030年迄に新築住宅の平均でZEHを実現」と目標があります。

「ZEH仕様の家をつくる」

⒈断熱性能強化

国の設定基準を満たす断熱性能を備えエネルギーロスを最小限にする。

⒉省エネ性能強化

消費電力を抑えるため、「HEMS(ヘムス)」や

省エネ性の高い設備機器(高効率給湯器、LEDランプ、高効率エアコン)を使用します。

⒊創エネ設備の設置

太陽光発電システムを設置して家の消費エネルギーよりも

多くのエネルギーを発電するようにします。

ZEH (1)

詳しくはスタッフまでお尋ねください。


年度2020年度2021年度2022年度2023年度2024年度2025年度
目標値60%60%60%60%60%60%
実績値22%29%27%40%

ZEHビルダー実績及び目標、BELS取得割合の公開資料はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください